ヘッダー

買い取られた車はどうなる?

自分の手元を去っていったクルマはその後どうなるのでしょうか。普段は手元を去った時点でクルマへの思いは一旦途切れてしまいますね。
でもそのクルマはその後も波乱の人(クルマ)生を送ることになるのです。それを思うと夜も眠れなくなりそうです。
ディーラーに下取りに出たクルマは、同じメーカー車であり年式が新しいか、程度が比較的いいものは点検整備されてそのメーカーの中古車として販売されるようです。

車

新車のディーラーでは中古車は直接扱ってはいませんので、そのメーカーの中古車センターで販売されることになります。そして新しいオーナーに大事に乗ってもらえることになるのでしょう。
ディーラーは違うメーカーのクルマを下取りした場合や、同じメーカーでも状態の悪いものは、提携している買い取り専門の会社に買い取ってもらうようです。


直接買い取り業者に渡ったクルマを含めて、波乱の人(クルマ)生を送るのはこの場合です。
こちらも年式が新しいか、程度が比較的いいものは点検整備されて中古車市場に流れます。この場合、専門のオークションに出品されて各地に送られていくので、比較的平穏な人(クルマ)生が送れます。

問題は、クルマの程度が悪かった場合です。最悪リサイクルとして、使用できる部品・出来ない部品に分解されます。
使用できる部品は修理用部品として再利用されますし、そのまま再利用出来ないエンジン、車体などの金属部品や、ダッシュボード、シート、内張り、ベルトなどの樹脂部品などは資源部品として一旦材料の状態に戻され、その後別の部品の材料としてリサイクルされます。


実はクルマのリサイクル率は非常に高く、本当にゴミになる部分はほとんど無いと言われています。特に最近のクルマは解体後のリサイクルを考えた設計になっています。
スーパーで買う食料品のパックやペットボトル、缶製品などで見たことがあると思いますが、その材料は何かを示す刻印があります。これはリサイクルを考えたもので、その仕組はクルマにもあるのです。
つまり、買い取り業者に渡った程度の悪いクルマはバラバラになってリサイクルされるということです。
更に波乱な運命をたどるのは、クルマの程度は中古車に出すことは出来ないけどバラすにはまだ早いといった場合です。海外に渡って向こうで中古車となるのです。


日本のクルマは品質が高く故障しないので、日本国内で処理するより高く売れることになるのです。
海外に渡った自分のクルマがその後どんな生活をするのか、気になるというより夢がある感じです。自分ではいけない所でかつての愛車が頑張っていると思うと、本当に頑張ってもらいたい気持ちになります。
海外に渡るのは、一部の人気があるクルマもそうです。トヨタのランクル(ランドクルーザー)やハイエースなどは海外でも大人気ですので、日本より優先して海外に送られる例もあるようです。


余りの人気から数が足りないために、盗難車グループは主にこの2車をターゲットとしていることはよく知られています。盗難車ランキングではこの2車は毎年上位を占めています。
こういう風に、かつての愛車の行方は気になりますね。車体番号などがわかれば、メーカーのH.P.などでその後の履歴が追えると面白いと思います。


具体的な所有者の個人名などはプライバシーの観点から難しいし特にそこまで知る必要はありませんが、今どこ(国や都道府県)にあって現役か、既に解体されているかが分かると、だからどうなる訳ではありませんが、更に今のクルマに愛着が湧くのではないでしょうか。
買い取られていったクルマたちのことを思って、今乗っているクルマを大事にしたいものです。