ヘッダー

査定の内容

クルマをディーラーに下取りに出すにしても、買い取り業者に見積を依頼するにしても、出来るだけ高く買ってもらうことに越したことはありませんよね。
それまで大事に使っていた大切な愛車です。きっといい値段が付くとことでしょう。
下取りや買い取りではどのような査定をしているかご存知でしょうか。


ディーラーや一般の買い取り業者で若干の違いはあるかもしれませんが、実は査定内容はほぼ同じなんです。
それは、引き取ったクルマは業者主催のオークションに出すことも多いので、どんなルートで入ったクルマでもそこでは統一基準で厳しい専門家の目に晒されるからです。


なので、そんな査定内容を一通り知っておくことの損はありません。手放すときに急に見てもダメなものは多いです。
査定内容を早い段階で知っておいて、普段からそれを意識しておくと最後に手放す時に大きく利いてくると思います。
それと、ひとつ覚えておくといいことがあります。 提示されて査定額は最低レベルだと言うことです。ディーラーや買い取り業者は必ず交渉に備えてのマージンを確保しています。


つまり、本当に買い取りできるギリギリ高い金額より少し安めの額をまず提示してくる、ということです。売り手が更に粘ってきて、業者側もそれを欲しいと思ったときに、初めてギリギリの額が出てくるのです。
このへんは交渉事ですので、それなりのテクニックは必要ですが、覚えておいておくといいでしょう。

男性

さて、その査定内容ですが、おおまかには次の内容となります。
車種、年式、走行距離、車検時期、取扱説明書や整備手帳の有無、ボディーカラー、ナビ等の付属品、外装の傷、内装の状態、タイヤやエンジン等の状態、事故歴、修復歴などです。
それ以外には海外を含めた市場動向や自社の在庫状況も査定額に影響してきます。
具体的には、次のようになります。車種や年式はどうしようもありませんが、それ以外は気を付けることで査定アップに繋げることが出来ます。一度自分のクルマで確認してみてください。

外装(ボディカラー、キズ、汚れ)


ボディカラーは査定金額を大きく左右する要素です。売るときのことを考えて、ボディーカラーは人気色にする、という人もいます。人気のある色ほど査定金額が高くなるからです。
ボディの細かい傷や凹み、汚れなども重要な査定ポイントです。ドアの鍵穴部分に出来やすい鍵差し込み時の傷も目絶ちますね。最も今はリモコンキーなので鍵穴は余り使わないかも知れませんが。

内装(シート、フロアマット)
シートやフロアマットなど内装の汚れは、査定の大きなポイントです。タバコやペットの匂いもマイナス査定となります。

走行距離


一般の人の平均的な年間走行距離は、普通車で約10,000km、軽自動車で8,000kmとされています。
年式と走行距離から計算した年間走行距離がこの基準を大きく上回っていると、査定額が安くなることもあります。この辺はボディーカラーと同じで、だからどうしろという訳ではありません。

エンジン周り


今はエンジンと言いますか、ボンネットを開けることも余り無いのではないでしょうか。少なくとも車検をちゃんと受けていれば特に問題は無いでしょう。

車に関係する書類


車検証や自賠責保険の証書、見たことは無いかも知れませんが取扱説明書などはきちんと保管していると思いますが、査定時にはすぐに出せるように準備しておきましょう。

それから、査定を受ける前に洗車と車内やトランク内の片付けを行いましょう。綺麗にすると価格アップとは言いませんが、汚れて車内も乱雑なクルマに高い査定額が付かないのは想像出来ますよね。